補聴器について

暮らしの中で、聞こえに疑問はありませんか?

青梅市の補聴器|聴力検査
青梅市の補聴器|補聴器の必要性
  • テレビやラジオの音が大きいと言われる
  • 聞き返しや聞き違いが増えた
  • 車が後ろから近づく音に気づかない

人は誰でも年齢とともに聴力が低下していきます。
上記のような症状のある方は、早めに聴力検査を受けられることをおすすめします。当薬局では、病院に行かなくても聴力検査を受けることができます。また既製品の試聴などもできます。

補聴器とは

基本的に音を大きくする『増幅器』といえます。
マイクに入った音を電気信号に変換し、増幅器で大きくして、レシーバー(スピーカー)により音に変換して、耳に伝えます。 補聴器には、アナログ補聴器と、デジタル補聴器があります。デジタル補聴器には従来の補聴器ではできなかった細かな調整や、より良い音を得るための多くの機能がありますが、聴力低下には個人差があり、ご自身の「聴こえ」に合った補聴器を選ぶことが大事ですから、それらの機能が必要かどうかについては販売員に相談してください。

補聴器の種類

補聴器にはその形状により、大きく分けて3つのタイプがあります。 またその中でも、難聴度、性能によって、様々な種類がありますので、聴こえの程度と、予算に見合った補聴器を選ぶ事が出来るでしょう。 オーダーメイドでは、一人ひとりの耳の形、聴力に合わせてお造りしますので、はずれにくく快適な装着感があります。

耳あな型

青梅市の補聴器|耳あな型
オーダーメイドと既製品がございますが、耳あなの形状と聴こえの程度にあわせて作るオーダーメイドタイプが一般的です。オーダーメイドタイプは耳の形に合わせておりますので、耳にぴったりフィットし、落下の心配はありません(既製品は落下することもありますのでご注意ください)。目立ちにくく、両耳装着にも向いています。また鼓膜に近い場所に収まるため、より自然で快適な聴こえが得られるのも特徴です。他のタイプに比べると多少高価になります。

耳かけ形

」
メガネのツルのように耳の後ろにかけるタイプの補聴器です。耳あな形より安価で、種類も豊富にそろっておりますので、軽度の難聴の方から、高度難聴まで幅広く対応することができます。取り扱いは比較的簡単ですが、汗が機械内部に入りやすいという難点もあります。しかし最近は汗に強いタイプも出ています。またメガネと併用する方は邪魔に感じるかもしれません。

ポケット型

青梅市の補聴器|ポケット型
価格のわりに高出力で、音質もいいです。補聴器本体を手に持ち、相手の方に向けることによって、より聞き取りやすくなります。別売りの2本に分かれたイヤホンコードを使用すると、1台の補聴器で両耳を使って聞くことが可能です。本体が大きいことや、コードがじゃまになったり、衣服との衣擦れ音が入ったりと難点もございますが、高齢者の方でも取り扱いや操作が簡単で安価です。予備として購入するのもおすすめします。

漢方相談を青梅市でお探しなら、青梅市の漢方薬局の三昭堂薬店です。補聴器も青梅市の三昭堂薬店へ